新着情報・ニュース

本サービスに関するお知らせや加工サービスの紹介記事を更新いたします

ワイヤーカットがお得な8つの理由

新着情報

ワイヤーカットとは、放電加工の一種で、極細のワイヤー(Φ0.05㎜~Φ0.3㎜程度)と加工物の放電熱により金属を切断する方法です。
したがって、基本的に導電性のある材質であればどんな金属でも加工可能です。
薄いアルミ板から厚さ50㎜の超硬素材まで幅広い素材に対して加工を行う事ができます。
加工精度も非常に高く、複雑な形状に加工する事も可能なので、主に精密部品の加工に使用されています。

原理

純水の加工漕に浸した状態でワイヤー線に電流を流し、ワイヤーと加工物の間に数十ミクロン(数十μm)の一定の距離を保ちながら
短時間で放電爆発を繰り返し、溶融加工します
つまり、糸鋸のように加工物を直接削っているわけではありません。
これが極細ワイヤーで分厚い金属を加工できる理由となります。

因みに、電流はパルス電流を用いて、加工金属とワイヤーの間で一秒間に数十万回放電爆発が繰り返されています。
このようなパルス電流を用いることで、加工屑の排出と冷却を行うことができます。

パルス電流により、放電と冷却(屑の除去含む)をハイスピードで繰り返し、
放電状態を安定させることで、複雑な形状の加工や精密な加工が可能になると言えます。

メリット

・難削材(インコネル、超硬、人工ダイヤモンドなど)の加工が可能
・薄板の重ね斬りが可能
・導電性があれば、材料の厚みや硬さに関係なく加工を行う事ができる。
・高精度な加工が可能。研磨機と同等の寸法精度(0.005㎜単位)を出す事が可能です。
・複雑な形状の加工が可能です。
・加工物への負荷が小さい
・バリの発生が無い為、作業時間の短縮が期待できます。
・工具が不要。

デメリット

・導電性のない材料は加工できない。
・加工速度が遅く、大量生産には不向き。
・底が必要なザグリ加工などは出来ない。
・加工物に対し水平方向の加工は出来ない。

お見積もりまでは0
最短2営業日以内に見積もり可能です!
お問い合わせ受付中(受付時間 平日9:00~18:00)0725223363
メール
トップに戻る