新着情報・ニュース

本サービスに関するお知らせや加工サービスの紹介記事を更新いたします

【ステンレス鋼】SUS304の特徴と用途

金属の種類について
 最終更新日

「SUS304」は、ステンレス300番台「オーステナイト系ステンレス鋼(Cr-Ni系)」に分類されているステンレスです。ステンレスと一口にいっても様々な種類がありますが、SUS340は耐食性や耐火性、強度に優れており、ステンレスの代表格として様々な箇所に使用されています。

今回は、SUS304の概要や特徴、使用用途などについて紹介します。

SUS304とは?

「SUS304」はクロムとニッケルを含む「オーステナイト系ステンレス」に分類されるステンレスです。SUSは「Steel Use Stainless」というステンレスを英語表記した際の頭文字であり、「サスさんまるよん」や「さんまるよん」と略して呼ぶこともあります。

ステンレスはスプーンやフォークに使用されていますが、錆びに強い性質を持っていることから洗面所など、水回りの製品に使用されることが多い金属です。SUS304はステンレスの中でも1番多く使用されている種類であり、世界中で使用されているステンレスの約7割を占めているといわれています。

SUS304の化学成分

SUS304の化学成分は以下のとおりです。

CrCSiMnPSNi
18.0~20.00.08以下1.00以下2.00以下0.045以下0.030以下8.0~10.50

SUS304の化学成分には、錆に対して強いクロムが18.0〜20.0%以上含まれています。モリブデン(Mo)が付与されているSUS316には劣りますが、耐食性が良好といった特徴があります。

参考:JIS G 4303:2021 ステンレス鋼棒

SUS304の物理的・機械的性質

SUS304の物理的性質は以下のとおりです。

融点密度ヤング率剛性率ポアソン比線膨張率定圧比熱熱伝導率熱拡張率熱応力
1.40~1.45℃7.93193740.2918.759016.73.493.39

続いてSUS304の機械的性質についてみていきましょう。

耐力引張強さ伸び絞りHBHRBHRCHV
205以上520以上40以上60以上187以下90以下0200以下

ステンレスの種類によって、物理的・機械的性質の数値も異なります。数値によって強度や耐食性なども変わってくるため、しっかりとチェックしておきましょう。

SUS304の特徴

SUS304の特徴として次の5つが挙げられます。

  • 耐熱性に優れている
  • 強度が高い
  • 耐食性がある
  • 鉄との溶接に優れている
  • 様々な表面処理に対応している

それぞれ詳しくみていきましょう。

耐熱性に優れている

SUS304は耐熱性に優れているステンレスです。また、熱伝導率が低いため、保温効果が高いといった特徴があります。

そのため、水筒やコップにも適している金属です。

強度が高い

ニッケルには強度を高める働きがあります。そのため、ニッケルが8.0〜10.50%ほど含まれているSUS304の強度は高いです。

ただし、加工硬化という現象によって、1度加工すると強度は高まるものの、ステンレスが硬くなるため、次の加工がしにくいといったデメリットもあります。

加工する際は注意しましょう。

耐食性がある

SUS304は耐食性にも優れています。耐食性とは、金属の錆びにくさを表す数値のことです。

ステンレスは元々、錆びやすい金属ですが、錆に強いニッケルが含まれているSUS304は高い耐食性が備わっています。

鉄との溶接に優れている

SUS304は、鉄との溶接にも優れているステンレスです。そのため、鉄と違和感がなく溶接することが可能になり、製品のずれが生じにくくなります。

ただし、溶接が優れている分、鉄との粘性が高くなるため、切断が必要な加工方法との相性が悪いです。

様々な表面処理に対応している

SUS304は様々な表面処理に対応しています。SUS304が対応している表面処理は以下のとおりです。

  • 電解研磨
  • 化学研磨
  • 酸洗
  • バレル研磨
  • バフ研磨
  • ショットブラスト
  • 脱脂処理
  • パシペート

様々な表面処理に対応していることによって、SUS304の性能が向上します。その結果、使用箇所も広範囲に渡って対応できるような特徴があります。

ステンレスの種類        

ステンレスの種類は以下のとおりです。

  • 200番台:オーステナイト系ステンレス鋼
  • 300番台:オーステナイト系ステンレス鋼
  • 400番台:フェライト系およびマルテンサイト系ステンレス鋼
  • 600番台:析出硬化型ステンレス鋼

ステンレスは、下3桁の数字で種類が分別されています。今回、紹介しているSUS304は、オーステナイト系の代表ステンレスです。

それぞれの番台によって、主要元素や特徴が異なるため、使い勝手の良さも変わってきます。

ステンレスでよく取り上げられるそれぞれの違い

ステンレスは200種類以上もの製品が取り扱われています。

ここでは、「SUS304とSUS403」「SUS304とSUS316」の違いについてみていきましょう。

SUS304とSUS430の違い

SUS304とSUS430の違いは以下のとおりです。

SUS304SUS430
耐熱性優れている劣っている
耐食性優れている劣っている
磁性弱い強い
光沢強い普通
成分クロム・ニッケルが主原料クロムが主原料
価格高い安い

SUS304とSUS316の違い

SUS304とSUS316の違いは以下のとおりです。

SUS304SUS316
耐食性劣っている優れている
磁性なし(加工後に磁性を持つ可能性あり)なし
加工性優れている劣っている
価格安い高い(モリブデンが添加されているため)

SUS304の使用箇所

SUS304の使用箇所を次の2項目に分けて紹介します。

  • 日常での身の回り
  • 工業面での用途

それぞれ詳しくみていきましょう。

日常での身の回り

SUS304は、日々何気なく使用している身の回りのものに使用されているステンレスです。

例えば、ビルの自動ドアやエレベーター、エスカレーターの銀枠や銀板など、人々の移動手段に活用されている他、柱やドアの鏡面、手すりなどでもSUS304が使用されていることもあります。

工業面での用途

SUS304は、工業面においても様々な箇所で使用されています。SUS304の使用箇所は以下のとおりです。

  • 自動車部品
  • 機械設備
  • 省力化部品
  • 洗浄機部品
  • 自動機部品

SUS304は、人々が日常的に使用する工業製品の多くに使用されています。SUS304は、工業面においてなくてはならない金属だといえるでしょう。

SUS304の特徴を理解して現場の課題解決につなげよう

SUS304は、耐食性や耐熱性などの性能に優れているステンレスです。様々な使用箇所に活用されているため、日常・工業面において起こる問題に対応します。

SUS304の特徴を理解しておくことはもちろん、ステンレス全般の特徴を理解しておくことで、現場の課題解決に大きく役立てられるでしょう。

お見積もりまでは0
最短2営業日以内に見積もり可能です!
トップに戻る